<   2006年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 29日

隣家のやね ドラのひなたぼっこ

e0006293_0291466.jpg


腎臓の持病もちの、わが家のねこの話です。

この夏のはじめ、17才のドラが一時は尿毒症といわれ、しばらく脱水症状でした。

いい獣医の先生がドラの主治医でしたから、おかげで3.4回の通院で元気を取り戻しました。

ドラは気ままに、好きなものだけちょっと食べ、思うままに行動しています。それが元気の秘訣みたいですね。

わが家には2階に物干し場があります。そこからお隣の物置の黒いトタン板の屋根がみえます。

ドラはここでひなたぼっこをしていました。私が物干し場からカメラを向けると、それまで寝ていた

ドラがこちらをむいていろんなポーズをとってくれました。

e0006293_21574712.jpg


望遠レンズですからよく撮れておりませんが。


動物は自分を上手に管理できるようで、私にできるのは自由にさせてあげる位です。

食べ物は、主人がとっかえひっかえ上げています。食べ残してもいいのです。

少しでも食べていれば…。でも、今日は主人のことばに噴出してしまいました。


「高齢者用のカンズメ買って来たつもりだったが、うっかりだったな。赤ちゃん用だった。」


ドラは病気ともうまくつきあって、元気でいてくれています。






by tsubakiwabisuke | 2006-11-29 00:28 | ねこ
2006年 11月 28日

日本をねたましく思う国? それを知らないで嘆く人々

e0006293_1321153.jpg

最近、日本をねたましく思う理由

というタイトルに思わず目を奪われました。

私は毎日、数種類のウェブニュースを見ることにしています。

日本の新聞がおわるとお隣の国のニュース、、、。時々ではありますが『朝鮮日報』に目を通すことがあります。


記事入力 : 2006/11/26 19:00   鮮于鉦(ソンウ・ジョン)=東京特派員


「 日本政府が22日に発表したところによると、日本は現在、戦後最長の景気拡大を記録している。
 ここで「戦後」という修飾詞がついているのは、戦前、すなわち1945年の敗戦以前にもっと長い好景気があったという意味で、学者らによると19世紀末に64カ月間におよぶ長期の景気拡大があったという。この未曾有の好景気は1892年に始まって、1898年に幕を閉じた。 」


 □清日戦争(日清戦争、1894-1895年)

 □露日戦争(日露戦争)

「戦争特需」によるものだという指摘があります。

「清国から戦争賠償金として支払われた3億6000万円は、当時の日本の国家予算の4倍、日本が費やした戦争費用の1.5倍に相当したという。」


 □1954年12月から1957年6月までの31カ月間続いた「神武景気」

わかりやすい解説です。

「戦後最初の長期景気拡大となった神武景気の間に、日本経済は米国の援助により名実共に独立するという発展を成し遂げた。神武景気という名称は日本の神話に登場する初代天皇「神武」の名をとったものだ。日本政府が1956年の経済白書で「もう戦後は終わった」と宣言したのを見ても、当時の興奮ぶりを察することができる。 」

次は、その景気は何によってもたらされたかという展開になります。

「韓国戦争(朝鮮戦争)だ。日本は参戦した米軍に軍需物資を供給し、莫大な資金を蓄積した。例えば戦車を修理することで重工業が復活し、軍服を供給することで繊維業が復活するという具合だった。」


 □日本企業の雇用拡大

現在の日本の好景気について。

「活発な国内投資は海外需要の拡大、すなわち輸出増加が引き金となる。今回のケースでは、輸出増加の多くが中国経済の拡大によるものだ。58カ月間におよぶ今回の好景気の間に、日本の対中輸出は2.88倍も増加した。」


中国と韓国、日本の貿易について。

「しかし「中国特需」の陰で、あまり語られないもう一つの「特需」が存在している。それは韓国市場の需要だ。同期間に日本の対韓輸出は1.89倍も増加した。韓国との貿易で日本が手にする貿易黒字も2001年の72億ドル(約8400億円)から、昨年には227億ドル(約2兆6400億円)に達し、3倍に増えた。 」


この韓国人記者は、自国の政治家の無能を挙げているのが注目されるところです。


「どのみち経済に善悪の論理などない。仮に韓国の不幸が隣国の幸福につながっているとしても、それは韓日両国の間だけで起きることでもない。しかしそうした事態が何度も繰り返されるとなれば、それは問題だ。しかも、そうした事態が頻発する理由が、すべて無能な指導者のせいだとしたら、それは他人に責任転嫁する前に、われわれ自身が反省すべきことだろう。 」


日本の新聞ではなかなか読みとれないものが、『朝鮮日報』では読めるのですね。 

この記者の冷静な視点には好感がもてるように私は感じました。
そして、なによりも最後のフレーズ、インパクトがあると思われませんか?


日本の好景気を横目に、正直妬ましくて仕方がない今日この頃だ。」

朝鮮日報/朝鮮日報JNS
 




日本の新聞では、正反対の論調ばかりが目に立って仕方がありません。

日本は世界から孤立している、、、貧しい国である、、、政治と経済の混乱、、、
そんな記事が氾濫してはいないでしょうか。


しかし、隣国からはこのようにねたまれ程、日本経済は成功しているようです。
米国との関係においても、韓国は日本に羨望の目を向けているのです。

「米国はすでに韓国を北朝鮮の核問題を解決する上でパートナーと見なしておらず、だからこそ韓国に否定的な話をする必要さえ感じていないのだ。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の関係者は中国と手を握り、米日両国による北朝鮮圧迫政策に対抗するとしたが、中国は韓国が差し出した手には目もくれないまま、米日両国と手を握ったのだ。 」


日本も大きな問題は山積していますが、そろそろ、私たちも自国に対する認識を改めて行きたいと思うのですがいかがでしょうか?

生活する上で経済力ということをなかなか実感できないのは、貧富の差の拡大という現実があるからだと思います。

この点を一人一人が考えて望みを捨てずに、時には声を挙げることが必要でしょう。




 


by tsubakiwabisuke | 2006-11-28 00:16 | ニュース
2006年 11月 26日

今の世で評価されなくなった 陰徳(いんとく)


e0006293_016825.jpg


ノロウィルスでこの四日間は胃腸をからっぽにしました。

イスラムでは断食が聖なる行いとされていると聞きますが、腹ふくれるだけでは不自然なのかもしれません。

茶友のSさんは私より先にこのウィルスにやられその一部始終を電話してきました。彼女は医者には行かず正露丸を一日に3錠飲んで3日で治したそうです。

正露丸、、、そうでした。日露戦争の時に兵士達が常備した丸薬で、もとは征露丸。露西亜(ロシア)をやっつけるという意味で征の字が使われたのでした。クレオソート丸が最初の名前だったようです。

Sさんは年齢的に私よりかなり年長ですから旧い事柄をよくご存知です。それに両親の面倒をよく見られ、そのためもあってず~っと独身を通してきました。


彼女は胃腸病が治ったあと、すぐに宗家の宗旦忌の七事式に出演しましたが、本人は内心不安で途中で倒れなければいいがと思っていたと、後で話していました。


Sさんは茶道の正教授で組織の大役をしていますが、その長に就任するまでには表面には出ない軋轢があったのです。彼女を長にしたくないボス的人物がこう宣言したそうです。

いまから6年前のことです。

「第一、あんたには、肩書きが無いからね。」
そう言った方には茶道だけでなく大学名誉教授という重々しい肩書きがあるのです。

Sさんはその時、ことばを失ってただ泣いたそうです。
組織とは無関係な私ですが、私はSさんを蔭から応援していました。私は彼女に電話で申しました。

「あなたはご両親のお世話をされて見送られ、ご弟妹の面倒も見られ立派に家を守ってこられたひとですよ。
陰徳を積んでこられたことは知るひとぞ知るです。
世俗的な肩書きなどより高い次元で立派な行いをされたじゃありませんか!」


圧力をかけた人物は自分の弟子を長にすえる考えがあったからでしたが、結局選挙で決着をつけることになりました。肩書きではなく人物のSさんが選挙の結果選ばれたのは、もちろんでした。

今ではそうしたことがあったのかも忘却のかなたですけれども。





しかし、茶道の世界はもう昔とは違っています。ご存知のように、政治家は集金能力のある者を重用します。
組織ということになると、世間の厳しい命題がかかってくるのでしょうか。


禅の師家(しけ)は弟子を打ち出すのを「一個半個」と言ったと伝えられます。
ひとり或いは半分であっても真の人物を養成することを目標にしたのですね。

禅も茶も個の間はいいのですが、いったん組織となりますと…、難しいものと思います。





教育の問題が現代日本の最大の不安材料になっています。

私はつくづく思うのですが、先生という立場にある方々が謙虚であってほしい。そして母親の立場にある方々が昔の日本の母親のような素朴なひとであってほしいと。

陰徳、目にはみえない蔭のよい行いを、昔の母親は子どもに教えていました。

学校の先生のいうことをよく聞きなさい。弱い者をいじめたり、強い者にへつらったりしてはいけません。読み書きそろばん、その三つを大事にと、、、、、。


現代に生きる若い女性は、明日の日本を作る母体なのです。
人の肩書きに惑わされること無く、本質的なものを追求していってほしいと思います。
無力な自分を棚に上げてごめんなさい。



拙稿 小川一真アルバムから 女性美を見る

明治の古写真 茶摘みと茶道






by tsubakiwabisuke | 2006-11-26 23:07 | ニュース
2006年 11月 25日

アメリカの七五三 ヒトコさんの国際縁組

e0006293_14392479.jpg

サンフランシスコ在住 ヒトコさんの一粒種の晴れ姿。


アメリカ西海岸に住むヒトコさんは、私の弟子でもある女性です。

彼女は佐世保で娘時代過ごしていました。お友だちが米軍に所属する方だったようでその縁で現在の夫君に見初められたのです。

そのアメリカ人男性はなぜか小さい頃から日本女性に憧れをもっていて、結婚するならヤマトナデシコと決めていたんだそうです。

旧き日本の誇りといっていいでしょうか。ほんとうに先人のおかげだと思います。

彼女はまるまるした健康優良児的なタイプですが、見ようによってはセクシーといえるでしょう。
なにより性格が面倒見のいい細やかな心配りをする女性なのです。

いっぽう彼のほうは長身でハンサム。米軍将校としてアメリカ大統領から感謝状と勲章をもらっています。日米のこの仲のいいカップルには一粒種の女の子がいます。

ことしは七五三だったといって、アメリカで祝った晴れ着の写真が送られて来ました。

「うちの子も今年は七五三でした。やっと小学校に入りました。」


ほう、あちらでも日本のようにこうした行事があるのですね。ちょっとびっくりしました。


この娘さんはじつは養子縁組なんです。アメリカ人はオープンですから日本のように隠したりはしません。自分のサイトでも堂々と公表しているのです。

ご主人といっしょに中国の孤児院に行って小さかった女の子と対面し、養子にすることが出来ました。長年子どもに恵まれなかった夫婦の選択でした。

ここまで来るには、アメリカ政府の厳しい審査があってそれをクリアするのが大変だったそうです。しかし、もう5年が経過したのですね。ヒトコさんは立派なお母さんになっていますね。

メールのつづきがまた楽しいのです。。

「来年のお正月支部の点初式で、うちの子をお運びデビューさせようと今特訓中です。無事に行ってくれれば良いのですが。どうなりますやら。

今またお父さんと魚釣りに行っています。最近パパがお舟を買ったので、毎週末、フィッシングです。お陰でうちの子は真っ黒、七五三の写真撮影でも黒壁に白塗りして苦労しました。」





この子は将来日本人になるのでしょうかね?
チャイナ生まれでアメリカ育ち、インターナショナルな新日本人の誕生でしょうか。

国内では教育現場の混乱、親子の虐待、政治家の汚職、など心寒いニュースばかりですが、ヒトコさんの便りにうれしいひとときを過ごした私でした。


おかげさまでノロウィルスの胃腸病は、なんとか治癒したようです。まだまだ用心しなければなりませんが。

皆さま、ご心配をおかけいたしました。あたたかいお見舞いのコメントに感謝いたします。






by tsubakiwabisuke | 2006-11-25 16:34 | 京都
2006年 11月 23日

千 明史さんの処女詩集『chori』のレビューを書く

e0006293_16145293.jpg


内容(「MARC」データベースより)
ぼくはうたっている 隣の国からきた友だちと 交差点で信号を待ちながら 隣の国のブルースを-。声に出すために書かれた詩「spoken words」をパフォームする21歳の詩人による詩集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
chori
詩人。1984年、京都生まれ。「spoken words」(声に出すために書かれた詩)をパフォームする。2005年、第1回「詩学」最優秀新人賞受賞。2006年、1st ALBUM 「REDEMPTION SONGS」をリリース(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

写真 徐 美姫

--------------------------------------------------------------------------------
商品の詳細

単行本: 95ページ
出版社: 青幻舎 (2006/09)
ASIN: 4861520851




わびすけ  ブックレビュー

裏千家家元のご長男である千明史さんの初めての詩集です。早くからインターネットで詩や音楽活動を行っていらしたご縁で、私も一読者としておついあいがございました。

千ヨリ、と署名したことから友人間でちょりというニックネームになったというchoriさん。

ここにある21編の詩のなかで私が好きな1編は36ページの「あたたかく抱く」でした。





あたたかく抱く


ヒロタくんの墓参りに福山へ向かう
高速バスのなかで空ばかりみていた
ちょっとした旅
ひとつ前の座席の背中がほつれている。

ヒロタくんのお墓は
見晴らしのいい高台にあるせいか
天国にかぎりなく近いようだった
朝のまんなかで
誰かを呼ぶ声がする
その誰かになってみたい気もした
あわせた手の無力さに驚く

隣家からたちのぼる焚き火のけむり
見知らぬ訪問者に興奮した犬の雄たけび
ひびわれた石垣をぬけて
山を降りる

ワイン半分も空けないうちにねむりこんでしまう
ねこのような寝顔を
これから先 何度みられるだろう
見られるわけはないのに イメージは残酷だ
詩をかいているということがぼくをひどく悲しくさせる

いっしょに飲みたかったひとばかりが
いなくなってしまう
紋切り型の回想はやめにしたい
けれどそのひとたちのあたたかさがそうさせてくれない

2004年 3月 木屋町 
ヒロタくんと最後に飲んだ酒の味を
ぼくは覚えているだろうか

今はただ 
いつか忘れてしまういくつかのことがらを
逃がさぬように ゆっくりと
あたたかく 抱く





ヒロタくんという友人はたしか不幸な死に逢われたのでしたね。choriさんの人柄があますところなくこの詩に伺えるようです。

若くして逝く人々がきわめて増加しているのが悲しい日本の現状です。一度はご自分もそのことを考えたというchoriさんですが今は力強く活動され、このような爽やかな詩集を世に出されました。

既成のルートに乗っかるのではなく、自分自身の能力を信じ仲間とともに新しい文化を創造しようとする若者の、ひとつの姿がここにあるのではないでしょうか?



作成日時 2006年11月22日 20:14





一昨日から急性胃腸炎で難儀しているところです。予定の外出はすべて中止。
大徳寺開山忌のお家元の献茶式のご招待にも欠席せざるを得なくなりました。

今日はうれしいことに、主人がおかゆを炊いて、梅干といっしょに運んできてくれはりました。なんと勿体ない、とソトズラでは申しますが甘えきっているので主人のほうはいい迷惑です。

おかゆの炊き方はじめてなのに上手でした。こうしているまに新刊書のレビューをこっそり書いたりしてました。すみませんな~~~


これはミクシイに書いたものなんですよ。もうひとつのコーナーには反響があり盛り上がっています。




イベント 茶道をたしなむ人の別の活動 書物・音楽・社会奉仕


わびすけ

おすすめレビューに、choriさんの処女詩集『chori』について書かせていただきました。

http://mixi.jp/list_review.pl

現在、茶道への直接な関わりは、ご宗家のご長男であること。三大忌などには今日庵席のお手伝いでお目にかかることがございます。きりりとした袴姿がお似合いです。

お小さい頃にたしか北野天満宮のお献茶をなさったように記憶しております。
その明史さんがちょりというニックネームで詩をかかれ、ポエトリー・リーディングという音楽と詩の朗読を行い、多くの仲間とともに京都から各地に活動の輪を広げています。

昨年は『詩学』最優秀新人賞を受けられたましたが、じつはお母さまの誕生日のお祝いにするとの約束を実現されたのでした。

choriさんはリズミカルなラップに乗って詩を読み聞かせる新しい詩の形式を作りました。ご出身のノートルダム小学校で実演があった時などたいへん好評だったと、私はシスターからお聞きし喜んでものです。

茶道の心という点では、素直でいらっしゃると申し上げるのは失礼でしょうか。私からみれば庶民性というところが人を惹きつける要素ではないかと。


周囲が奉るのはほんとうはご不自由のように思われますね。
これからの茶道の世界に、その純粋さで新しい風を入れてくださるのではないかと私ははるか未来を思い浮かべるのです。

わたしの過去の日記に、choriさんとの出会いを書いております。
画像は17歳のころ、choriさんから当時いただいたものでした。





皆さまからの反響が盛り上がっていますが、ミクシイは会員制のコミュですのでここでは割愛させていただきます。。

自分の書いたものや画像でしたら肖像権侵害にもなりませんからいつもそればかりになるのです。ほかはやはり気を遣います。

何度か実際に写真をアップして、
「モデル料払いましたか?」といわれ、オタオタしたことがございました。






by tsubakiwabisuke | 2006-11-23 16:18 |
2006年 11月 20日

宗旦忌の画像はこちらでご覧いただけます!

このエキサイトのブログではなぜかアップできないのですが、ニフテイのココログでは表示されております。どうぞご覧くださいませ。

http://tsubakiwabisuke.cocolog-nifty.com/rendezvous/


縮小画面になっていますので、ぜひ画像を一つ一つクリックしていただきますよう!

ここに貼ることが出来ればもっといい画面になったと思います。







by tsubakiwabisuke | 2006-11-20 17:34 | 茶の道
2006年 11月 19日

2006年宗旦忌に 時雨のなかに

ことしも宗家宗旦忌にご奉仕させていただきました。

雨模様の中を全国から宗旦さまにお参りくださった方々、700個のお菓子が足らないほどでした。毎年無事にこの行事をつとめさせていただけることは本当に仕合せです。

午前7時過ぎに茶道研修ビルに行き、帰宅したのは午後5時過ぎでした。写真が例の如く表示されませんので、アップできたものだけ簡単に書くことにいたしましょう。


e0006293_22324391.jpg

今回の茶会記、はずかしながらわびすけの自筆です。なんやふぞろいですな。


e0006293_2240925.jpg

床の間の花。沙羅の照り葉、椿は初嵐。花入、又玅斎自作。在判、銘 雪月花。


e0006293_22201559.jpg

夜目 遠目 傘のうち…、捨てる神あれば ひろう紙… ありまっしゃろか


e0006293_0101882.jpg

なん年か前の宗旦忌の床。ガマズミ、椿。


この続きはまた明日。反省すること多い一日でした。ごめんなさい。






by tsubakiwabisuke | 2006-11-19 22:28 | 茶の道
2006年 11月 18日

明日は裏千家宗家・宗旦忌 茶会記を今日書かなければ

裏千家宗家の宗旦忌は毎年11月19日に行われます。

今日庵席の副席としてわたくし共の稽古場席も例年お釜を懸けさせていただきます。

ことしは道具当番になりましたので、稽古場席に張り出す茶会記を今日中に書かなければなりません。

なにごとも早めにすればいいものをギリギリにならないとエンジンがかからないというのも、困ったものです。

達筆のしもざとさんが、「私は小さい字しかよう書きません。大きい字は無理ですから書いてください。」などと、やんわりと上手に頼まれました。

大先輩に逆らうこともできず、しぶしぶ引き受けてしまったのです。

奉書を2.3枚継いで、太目の毛筆でしたためることになりますが、どうなりますことやら。

道具は持ち寄りですし、以前出た同じ道具も入っていると思います。
ただ、取り合わせは変わっているはずです。


過去の宗旦忌を、ここに挙げてみましょうか。

2000年 宗旦銀杏のもとに

2001年・2002年 宗旦忌

2003年宗旦忌 そうたん狐がきたような


2004年と2005年はスルーしています(#^.^#)

撮影することが不謹慎だといわんばかりの空気が生まれたからでしょうか。

そしてネットで情報を見ることはしながら、撮影者の苦心を思いやることの無い空気に対して、こちらもなんらかの反応が起きていたのかもしれません。

さあ、2006年度はいかがなりますか???

私は多分、水屋で裏方をし、時には半東に出ていることでしょう。







by tsubakiwabisuke | 2006-11-18 10:56 | 茶の道
2006年 11月 16日

松阪大輔選手のポスティング移籍金は置屋と同じ

アメリカのやることはでっかすぎますわ。

e0006293_1910532.jpg


メジャーリーグが競争で松阪選手を獲得するため、60億という金額でボストンの名門球団が交渉権を得たそうです。

ニュースによると前々から西武ライオンズは松坂選手の入札額を球団の赤字に補填しようとしていたとか、真偽のほどは明らかではありませんが、庶民の感触としてまあそんなところでしうか。

これって、太夫や芸者、舞子をかかえている置屋さんに似てませんかしら?


お茶屋っていえば、京都の花街(かがい)、厳密に申しますと六つあるのです。

祇園甲部、祇園東、上七軒、先斗町、宮川町、嶋原もその一つなんですね。

今では人身売買のような暗いイメージで語られるようですが、置屋の制度がいわば男性にとってのスターを養成していたこと。大枚の金子を稼ぐにはそれなりの投資を行なってもいたでしょうし、文化に寄与していた面もあった事実は認めなければならないでしょう。

太夫に恋焦がれて見請けする旦那衆もありました。
旧くは吉野太夫。新しいところでは祗園のモルガンお雪。

いずれも美しく教養豊かな女性であったことはよく知られていますね。

吉野太夫とテレビドラマ


身請けのための大金は客から置屋に支払われるのはもちろんです。指定された名妓に渡る事はないのです。管理している店のオーナーは、名妓を失うことによる一時的な減収のかわりに見請けの大金を得ますが、これまで養成してやったという名目があるわけです。


ところで今、プロ野球の球団がやっていることは、置屋のやってきたことと別に変わりはないのでは?
ははははは、、、。


これから何年間は西武に優勝する芽はなくなったかもしれませんが。しかし、、、
オーナーにはたっぷり60億のお金を手にすることになったのですから。

孝行息子に手を合わせて感謝してもいいんじゃぁないでしょうか(笑)。


京都東山にある財団法人女紅場学園 、ここ一帯は置屋も軒を並べている花街です。公共の伝統文化・技芸学校がある場所ですが、京都の旧き時代を味わうことのできる町並みでもあります。

明治5年、日本で最初に設立された女学校。裁縫・料理・読み書きなどを教えました。
その後、新英女紅場もでき、科目には英語が加わりました。

新島襄の妻となる八重さんが養蚕を教えたそうです。同志社女子大学も元は「同志社分校女紅場」といっていたのです。

今や世界からの観光客によろこばれている町になっています。
私が何が言いたいのかもう、お解かりでしょう?

球団も収益金があれば日本のためになるような、公共に寄与する町並みを作ってもらいたいと思うのですよ。


京都 東山区 祗園町 南側




オリックスブルーウェーブのイチロー選手がメジャーリーグ球団への移籍のためにポスティング制度を利用して注目を集めて以来、何人かの選手がこの制度を利用してメジャーリーグに移籍しています。

このポスティング制度は、日米間の選手の移籍について定める日米選手協定において規定されているもので、1998年12月15日、日米選手協定が新たに締結し直され、選手の新しい海外移籍方法として誕生した制度です。
ポスティングシステムとは、FA権を取得していない選手の海外移籍を可能とする制度で、その概要は以下の通りとなっています。


1. 海外への移籍を希望する、FA資格を持たない選手の意志を日本球団が認めた場合、球団は日本プロ野球のコミッショナーを通じて、メジャーリーグ・コミッショナーに対して、その選手が契約可能選手である旨を通達する。

2. メジャーリーグ・コミッショナーは、メジャーリーグ各球団に対して上記通達の旨を告知(ポスティング)する。

3. メジャーリーグ・コミッショナーより通達があった日から40業務日以内に、ポスティグされた選手に興味のあるメジャーリーグ球団は、メジャーリーグ・コミッショナーに対して金銭のみからなる入札を提出しなければならない。

4. 興味を示した球団が複数ある場合は、最も高額の入札額を提示した球団が日本球団との交渉権を得る。

5. 交渉権を獲得したメジャーリーグ球団との交渉を、日本球団は選手の意志に関わらず一方的に拒否することができる。

6. メジャーリーグ球団が日本選手と契約に達した場合、入札金額は、この選手の保有権を放棄する日本球団に、その対価として全額支払われる。

http://jpbpa.net/topics/04.htm



松坂選手、プレッシャーに負けないでね。

きっとやってくれるでしょう!






by tsubakiwabisuke | 2006-11-16 18:02 | ニュース
2006年 11月 14日

スライドショー光悦会 2004年と2006年

昨夜から今日にかけて二つの作品をアップしました。


 11・13UP スライドショー 2006年光悦会


e0006293_19575475.jpg


ことしの光悦寺は紅葉という点では例年に比べ見劣りがいたしました。
でもあと1週間経てば本来の見事な鷹ヶ峯をみることができるでしょう。

上の写真は表紙用にアップしたものでこちらならなんとか表示されました。
お知り合いのお医者さんの奥さまの後姿を撮影したものです。


スライドショー2004年  京都・鷹ヶ峰 光悦会


2005年の分は昨年11月13日にアップしております。

11・13UP  光悦会 2005年


拙文が光悦会の謂れに触れておりますので、どうぞこちらもご覧いただければうれしく存じます。

http://www.janjan.jp/culture/0511/0511135089/1.php

http://tsubakiwabisuke.cocolog-nifty.com/rendezvous/2004/02/post_6041.html






エキサイトの社長さまには、この度当ブログにお越しいただきましてのお書き込み、恐縮しつつ拝見いたしました。



Commented by yamamura2004 at 2006-11-14 06:58 x
エキサイトの山村です。この内容についてはカスタマーサポートに連絡します。ご迷惑をおかけしてすいません。

山村幸広




これは私が先に書きました、2006年 11月 12日の日記へのお返事でございますね。

ありがとうございます。ユーザーの苦情と要望に耳を傾けてくださるトップのお方を知りまして、日本の政治家もこのような対応をとってほしいものと感じました。

殆どのエキサイトユーザーは好調に使用されているのでしょう。まれにこうした不具合が起きるのかもしれません、改善の結果があらわれますよう、よろしくお願い申し上げます。








by tsubakiwabisuke | 2006-11-14 20:12 | 京都