カテゴリ:茶の道( 69 )


2006年 06月 02日

ドイツ・ハンブルグの茶人ミネコさん

ドイツはハンブルグに長年お住まいのミネコさんから懐かしいメールが到着しました。

e0006293_1542447.jpg


2002~3年ころからお付き合いのある方です。
彼女のサイトは複数ありますがその中の一つ、「ようこそ!たぬきの世界へ」
ご自分のことを「たぬき」とおっしゃるユーモラスな女性なんです。


2004年4月の中宮寺山吹茶会で、裏千家お家元の献茶式がございました。
その添え釜を私が懸けさせていただきましたが、ミネコさんも茶会に出演されるという手筈になっていたのです。急に家庭のご事情があってやむなく来日を中止された経緯がありました。

ここで、ご紹介いたしますと、ドイツ人のご主人は大の日本びいき。
ミネコさんもドイツのいい職場でお勤めの身で、趣味の茶道、書道、日本舞踊、日本料理・和菓子つくりと、日本紹介の文化活動にも大活躍です。

先日、ローマで行われた千玄室前家元の献茶式に参加されたミネコさんのメールをご紹介いたしましょう。

e0006293_2153282.gif


今朝のハンブルグ気温は9.5度で、雨、肌寒いです。先週のローマの青空とは程遠い天気す。ああ~ローマは良かった!出来るものなら、また直ぐにでも行きたいです。

さて、去る5月20日から26日までのローマの裏千家ヨーロッパの集いの話をしましょう。

今回の茶会のテーマは「行雲流水」。ヨーロッパの濃茶席が一つと薄茶席が5つ設けられました。

先ずは薄茶席、日本文化会館の講堂で行われました。舞台の上には畳が敷かれて、茶箱点前を披露、正面、後ろの壁には青空に雲がゆったり流れている様子がずっと、映像されました。

e0006293_3115451.jpg



講堂の中央には紅白の大きなフラワーアレンジメントが飾られて、その周りにお点前用の4つの机が置かれました。それぞれの机の三方にはお客様用の8個の椅子、机の上にはヨーロッパ製の見立てのお道具が載せられ、盆略点前を致しました。

私の担当の机の上にはドイツ製の茶瓶、英国製のティーウオーマーと薄器、フランス製のお茶碗、アフリカ製の茶杓、オランダ製の建水でした。

お茶碗は何とピカソの本物で、フランスからのブルノさんがこの茶会に参加する直前にオークションで競り落したそうで、この茶碗に巡り会ったお客様もとても喜んで下さいました。
写真を添付しましたが可愛い顔の手付の茶碗です。ピカソは一時焼き物に凝っていたそうで10年間で3500個も作ったそうです。この顔はMadusaだそうです。髪が蛇になってしまう前の美しいMadusaの顔ですね、、。


83歳の鵬雲斎大宗匠は健康そのもので常に笑顔で、エネルギッシュな感じを受けました。

日本文化会館のヨーロッパ席でお点前したのですが、その一階に書道道具の机が置いてあり、大きな赤間硯が載ってました。書道の好きな私にはこれも感動の出会いでした。


今回のローマ大茶会は実りある素晴らしい体験になりました。参加して本当に良かったです。

石の文化のローマ、バチカンも外から眺めただけで、今回は観光も出来ませんでしたので
次回はゆっくり行きたいです。皆様、ご一緒に如何ですか?


今週は6月2日の午後3時から日本人会館で私達の書道の『5人展』のオープニングがあります
ので、その準備で、結構忙しくしております。

ではまた~

みねこ




by tsubakiwabisuke | 2006-06-02 13:31 | 茶の道
2006年 05月 22日

京都国際会議場へ4300人 茶道の集客力

 5月20日と21日、京都市左京区宝ヶ池にある京都国際会議場で、大茶会が開催され、2日間あわせて4300人の人々が集まりました。

 多くは和服すがたの女性たちですが、袴を着用した男性もかなり目に付きました。なにしろ、昔から着道楽といわれた京都です。男女ともいざとなれば和装に変身するのはお手のものです。

e0006293_15452327.jpg


e0006293_15362473.jpg



 20日(土)の午前中は雨模様でしたが、各地から参集した同門社中には困ったような表情もあまりなく、この日を待ちに待っていたという明るさがありました。

 社団法人・茶道裏千家淡交会第45回近畿地区大会として、主管支部の淡交会京都西支部という組織を中心に世話役の人々が熱意を持って働いていました。

 茶会の準備をするに当たって世話役の人たちはホテルに3泊しての奉仕活動です。ここらが一般企業とは相違するところです。

 宗教団体と一脈通じるね、とおっしゃるのですか?そうかもしれませんね。働く人たちが「修行」する喜びをもって奉仕していることは確かですから。

 私は組織に貢献のない単なる一会員の身ですが、大会委員長である先輩や友人たちのはたらきを見たいと思い、16000円の券を求めて当日出かけて参りました。


京都国際会議場

e0006293_18403110.jpg



e0006293_1551465.jpg


e0006293_15384538.jpg



 京都国際会館は、1966年、日本で最初の国立の会議施設として建てられました。建物は合掌造をイメージしたデザインで設計は大谷幸夫氏。日本初の公開設計競技方式により,応募195作品から選ばれたものでした。

http://www.kich.or.jp/

 自然環境に恵まれ、現代のハイテク設備を完備している会議場で、どのように茶席をしつらえ、運営されるだろうかという私の思いは、正直よくされれたなあ、という一言に尽きます。

 私としては、もともと建物のデザインに北国の合掌造りがなぜ京都なの?という冷めた気持ちはありました。広い空間をわざわざ斜めの線で狭める必要も無いのにと。どうも京都駅といいこの会議場といい、京都らしさが感じられないのは残念です。


淡交会

 この茶会は成功であったと私は思いました。会議場を全館貸切ですか。待合、濃茶席、薄茶席、立礼(りゅうれい)席、点心席、そのほか式典の大会議場(1700人収容)など。
それぞれよく使いこなされていました。

 誘導係りも青年部がよくつとめ不便はさほど感じませんでした。茶会担当の方々も皆きびきびとした動き。やはり地元は本場、訓練されているようです。

 ところで、会議場の使用料金を見て驚きました。これでは会の運営は大変だったと思います。http://www.kich.or.jp/jp/user_guide/money1.html


 午後2時30分からの大会式典では、千宗室家元の利休居士への献茶「お茶湯の儀」が厳粛に行われました。その後、家元の手から京都府と京都市へそれぞれ寄付金贈呈。山田啓二知事と桝本頼兼市長から感謝の挨拶がありました。

 こうした内容を考えれば、一般には高いと思われるお茶券もそんなに高くはないでしょう。緞子(どんす)のふくさ入れの引き出物もあって結構でした。

 地域に物心両面にわたって貢献をする組織、この度私はそうした認識をあらたにしたのでした。この世界にお世話になっていながら在野の視点でものを見たいと思っている私です。

 一つだけ懸念することがあります。組織が肥大するにしたがって上層部と下層部という階層が出来て来るのはどの世界も同じようです。

 2時ころ茶席に入ろうとする客に、「規則で2時が締め切りですから」といい、呈茶されなかった現実をまのあたりにしました。規則を命じる人と従わなければならない人がありました。

 伝統の世界は、もともと縦社会ですし、男社会だといってもいい面があります。
 けれども組織は、黙々と指示に従って奉仕活動をされる人々のおかげであること、会員といえどもお金を払って参加した客であることを、忘れないでいただきたいと思います。


e0006293_15552174.jpg







by tsubakiwabisuke | 2006-05-22 04:39 | 茶の道
2006年 01月 12日

和の学校のお正月


恒例の裏千家宗家の初釜はことしは10日のご案内でした。
直門のお仲間とご一緒の席でしたが、最終の時間帯になったようです。

兜門を辞去しましてから、和の学校にご年始にまいりました。

編集長といっても可憐な女性、吉田りえこさんと事務局長の山下さんという若い男性が
きびきびと働いておられます。




e0006293_133970.jpg

1


e0006293_156278.jpg

2


e0006293_1335347.jpg

3


e0006293_1562677.jpg

4


e0006293_2301289.jpg

5


e0006293_2232539.jpg

6


e0006293_233786.jpg

7


e0006293_2352063.jpg

8


「談話室」に書き込みがありました。なんと、りえこさんではありませんか。
そっくりそのまま、ここに…。ちょっと、てれますけれど。


01/11(水) 23:08
Re: 表紙の写真 吉田りえこ

わびすけ様 mohyo様 皆様 

わびすけ様、昨日は和の学校にお越しいただき本当にありがとうございました!
お話ができてとっても元気をいただきました。
でも、なんと、私の顔が表紙に…お恥ずかしい…カンニンしてくだされ…。

昨日、実はお話していて、わびすけ様の美しさにミトレテいました。
お世辞ではありません。
だって、ほっぺたがツヤツヤ!
帰られてから、一緒に和の学校の事務局をやっているYさんとも
「わびすけさん、なんであんなにきれいなん?」と話し合ったくらいです!
Mohyo様が私のことを「若い」と言ってくださいましたが
…いやはや、ありがとうございます…そんなことはないのです。
昨日のわびすけ様のほっぺたの若さには負けました。

ちなみに和の学校の看板の美しい文字は、
ボランティアに来てくださっている書道の先生が書いてくださいました。
(東京、大阪、和歌山に教室を持っておられる方で、
 その間に和の学校に週に一回来てくださっています)
それに頭上の注連飾りは、
昨年、和の学校で田んぼを借りて稲を育てたのですが、
さきほどの事務局を一緒にしているYさんがその藁で作ったものです。
年末にはお餅つきもして、その鏡餅も事務所の中にあるのですよ。
カビてきて、ひび割れていますけど。

Mohyo様。いつもメールマガジン「学校新聞」を読んで頂いてありがとうございます!
他のご購読いただいている皆様もありがとうございます!
でも、顔を思い出しながら読まないで下さい…
ああ…恥ずかしい…ナンテコトでしょう…

では、またお邪魔いたします。



更新のあと 椿 わびすけ - 01/12(木) 22:03
りえこさん
和の学校へのご年始が「和の学校のお正月」というページになりましたこと、
ご迷惑でしたしょうか?鏡餅がひび割れているところが写ってて拙かったかしら?
まあ鏡開きで、いずれ水に漬けた後おぜんざいに入れられる運命なのでしょうね。
編集部の建物と空気のあたたかさが皆さまに感じ取っていただければ何より!と思います。

いま和服に関心をお持ちの方にご参考にもなればと恥ずかしながらお目にかけました。
黒いコートも着物も亡母のお古を仕立て替えたもの。
こうしたところが和装の良い点でしょうね。
洋服ですとサイズがあって裁断してしまいますものね。

ご宗家の初釜に生前母は行けませんでしたから、母の着物を私が着ることで一緒に
参会しているような気持でした。

私など遠目に見られるから何とかごまかせますが、すべて着物がカバーしてくれる訳です。
民族衣装はやはり心やさしいものと思います。


--------------------------------------------------------------------------------

Re: 更新のあと ぼいやれ(フランス在住) - 01/13(金) 00:08

わびすけさま
ご多忙のなか次々と更新されるページに目を見張っております
初釜とて、なにしろ縁のない身ですが、以前拝見したお茶事の記事をあちこち見返しては
門の中のご様子をいろいろ思い描いております。ありがたいことです。

寒さ身に染むこの時期、お部屋のぬくもりがいっそう感じられます。
先に静さまや小春さまがおっしゃっていらしたこと、そのまま私の思いでもあります。
どうぞこれからもお元気でご活躍くださいますように。



 2005年10月26日  『和の学校』の ドングリたち



by tsubakiwabisuke | 2006-01-12 02:36 | 茶の道
2005年 10月 26日

『和の学校』の ドングリたち


裏千家宗家の近くにあります、『和の学校』。 ネット上で有名な学校ですね。
その編集部に、私はお稽古が終わってからひとりで遊びに行きました。

その時にね、窓際にかれらが並んで、こっちを見ていたのです。
そう、ドングリ坊やたち…。あ、トトロもいたんですよ!


e0006293_22164950.jpg


e0006293_22191947.jpg


それから落ち葉を貼ったお手作りのステキな短冊も柱にかかっていました♪♪

e0006293_2220780.jpg


編集長の吉田りえこさんとおしゃべりしたあと、さよならして小川通りを歩きますと、
名残りの朝顔が高いビルの彼方にほほえんでいました。
曇り空で写真は暗く写ってまして残念。

e0006293_22204539.jpg


e0006293_22213041.jpg



最後に、この日の朝お稽古にに入る時の、裏千家宗家のお写真を。
当代家元の弟君・伊住さん。ご存知でいらっしゃいましょうか。
今は亡き伊住宗匠がこの和の学校を創立されたのでした。
笑顔のうつくしい心あたたかい校長先生でした。

e0006293_22213959.jpg



ドングリたちはなんとまあ、幸せそうな窓際族になって♪♪

と書いてましたらあらら、談話室へりえこさんがこんな書き込みをして下さってましたよ。


>わびすけ様、先日は和の学校の事務所へお越しいただき、
ありがとうございました。
いつも、わびすけ様には励ましていただき、元気をいただいております。
本当にありがとうございます。

その折に窓辺にあったどんぐり達を撮影していただき、
光栄にもこちらの表紙に掲載していただいたとは!
本当にありがとうございます!

あのどんぐり達は、子供達に遊びながら日本の文化とこころを伝えるという
「和の学校」の活動の一環として、わびすけ様に来ていただいた翌日、
京都市内の学校で活用したんです。
今回は「季節を飾ろう、季節で遊ぼう!」というテーマで活動しました。

養護学校が会場でしたので、障害のある子もない子も一緒になって、
どんぐりで人形を作ったり、こまを作ったり、細長い紙に貼って短冊の代わりにしたり…
存分に季節を感じて貰うことができたと思います。
(もしかしたら親の方が夢中になっていたかも?)

どんぐりを集めてくるのは大変でしたが、
これも楽しい作業でした。たくさんの方の協力でみごとに集まりました。

残ったどんぐり達も、今度は別の学校で、草木染めに使う予定になっています。

(今、事務所はどんぐりに住んでいるイモムシくんがはいまわっています)

ということで、ちょっと、どんぐり達のご説明にあがりました。

ではまた、お邪魔させていただきます。<




by tsubakiwabisuke | 2005-10-26 23:00 | 茶の道
2005年 10月 23日

9月30日 徳川美術館創立70周年記念の日に お招きを受けて

2005年9月30日

e0006293_1545171.jpg

1
e0006293_1554598.jpg

2
e0006293_1562419.jpg

3
e0006293_157167.jpg

4
e0006293_157351.jpg

5
e0006293_158586.jpg

6
e0006293_1583338.jpg

7
e0006293_1585774.jpg

8
e0006293_159477.jpg

9
e0006293_15102976.jpg

10
e0006293_1511177.jpg

11
e0006293_15114192.jpg

12
e0006293_15121057.jpg

13
e0006293_15123181.jpg

14
e0006293_15131117.jpg

15
e0006293_15133532.jpg

16
e0006293_1514087.jpg

17
e0006293_15155154.jpg

18

by tsubakiwabisuke | 2005-10-23 15:21 | 茶の道
2005年 09月 08日

初秋の茶会


茶会のよさはいっときの安らぎ、清流に疲れた心身をひたすようなと、そう言った人がありました。

今日は早朝から大徳寺塔頭に。或る懸け釜の当番のひとりとして働きます。茶道具を包んだ大風呂敷をかかえて私は7時半に到着。折りしも台風と豪雨による被害が全国各地に起きた日でした。

けれども雨は止み、席の準備を進めるうちに、不運な情報はしばしの間消えていきます。
テキパキとしたお仲間のおかげで、席中はこのように、会員もちよりの道具組で。

e0006293_165521.jpg


掛け物にあわせて花入れを。杵のかたちをしていますね。竹細工も緻密なもの。
花をえらびます。ススキ。カリガネ。シロナデシコ。

e0006293_1165233.jpg


菓子器は染付系統で。これを虫の絵というのは少し苦しいでしょうか。その積りなれど(笑)。

e0006293_1151820.jpg


お菓子はここには写っていませんが、初雁という銘。黒砂糖と屑でつくられ百合根が入っています。その白さに雁行のふぜいを感じられるお方はきっと多いでしょうね。

e0006293_1422976.jpg


席の道具組が済んだ時点で、撮影させていただきました。
今日の茶会はご宗家の施茶釜。歴代宗匠をお偲びし、参詣の方々をおもてなしする茶席でした。



by tsubakiwabisuke | 2005-09-08 01:53 | 茶の道
2005年 07月 18日

伊勢まいり 五十鈴川

伊勢神宮への旅の画像を引き続き…アップいたします。

私のつたないブログに、コメントをくださる方々、教えられること多くお励ましを感謝いたします。
Commented by あきら at 2005-07-18 14:49


>わびすけさん、お伊勢さんでお献茶でいらしたんですね。
少し前、「野次サン喜多サン」の映画がありまして、漫画原作だったのですが、それを機会に「東海道中膝栗毛」を少しかじりました。
お伊勢まいりはそのころの人々の日常生活のリセットの機能を果たしていたのではないでしょうか。
失踪してしまっては迷惑もかけるけど、思いたってお伊勢参りと言えば通用するというシステムかな。便利になった現代じゃあ、すぐに戻ってこなくちゃならないのが難点でしょうか。

あきらさん、ああ、そうだったんですね。
今のお伊勢さんはやはり町興しと観光サービスで皆さん頑張っておられるように思いました。
神宮の荘重な歴史、たましいを洗われる清清しい空気。ただ、現代人は宗教だけではすんなりと受け入れない複雑さをもっていますから、生活の線上で人心をひきつける何かが必要なのでしょうね。
ええ、私は裏千家お家元の献茶式に参じたことから、ほんとうにすばらしい町だと感動いたしましたよ。こうした伊勢まいりという行いが、ねがわくば商業主義に傾斜しない在り方で、ながくながく続いていってほしいと思います。



e0006293_2232888.jpg


e0006293_22362570.jpg


e0006293_22373877.jpg


e0006293_2242372.jpg


e0006293_22334344.jpg

 
さいごに五十鈴川

e0006293_22434963.jpg


by tsubakiwabisuke | 2005-07-18 23:06 | 茶の道
2005年 07月 15日

伊勢神宮 おかげ通り

日本のふるさと…というフレーズが似合うのは、どこでしょうか。
山陰の出雲。また九州の高千穂。けれども私は、伊勢ではないかと…そんな風に思います。

神話にこだわっているね、と仰る方もおありでしょうか。人それぞれのふるさとは、生まれ故郷に決まっているよ、とのお声には又、頷いてしまいます。

伊勢神宮でのお献茶に参列するためにこの5月、伊勢にまいりましたが、おかげ通りという商店街を通って行くのがそれは楽しかったですね。

郵便局もここではいにしえの店先。食事どころも旅籠といった趣。客のにんげんたちだけが無風流といった感じだったかもしれません。


e0006293_21261399.jpg


e0006293_21272447.jpg



e0006293_21282680.jpg



e0006293_2129225.jpg



さあ、気分転換をするのにここはもってこいの場所です!
招き猫はとっても愛想よく、お酌でもしてくれそうですよ~~。



e0006293_2244328.jpg



e0006293_16502266.jpg


by tsubakiwabisuke | 2005-07-15 21:25 | 茶の道
2005年 07月 08日

サントゥール ペルシャの打弦楽器

今日、はじめてペルシャの打弦楽器の演奏を聴きました。
楽器はサントゥールと、その名もしめやかな語感。奏者がまたイラン生まれの魅力的な女性なのです。カメラの調子が今ひとつで、プーリー・アナビアンさんの哀愁を秘めた表情を撮影できなかったのが心残りでした。

今日、中宮寺奉賛会の総会が大阪の都ホテルで行われ、私も参加させていただいたことがこの方との出会いになりました。もともと日野西光尊ご門跡とのご縁は茶の道でした。その為、記事のカテゴリを茶の道にしたのですが、苦しまぎれといったところでしょうか。

それでは
e0006293_23382732.jpg

プーリー・アナビアンさんのうつくしい民族衣装をご覧ください。

e0006293_23462039.jpg


曲は即興的な流れも感じられ、ペルシャでは詩篇の朗読とともに演奏されていたのかもしれません。ハープシーコードにもどこか共通する音色で、やはりピアノの前身というべき楽器でしょう。
ペルシャ絨毯の緻密さ、トルコブルーとよばれる色調、人生の哀感、神への愛、それらのイメージが混然一体となって匂うような素晴らしいステージでした。

…茶の道とは確かにつながっていたと、今にして私は思うのです。


by tsubakiwabisuke | 2005-07-08 23:51 | 茶の道