2008年 03月 11日

ぎおん 新橋通り うすぐもり

昨日はひさしぶりに宗家の稽古を終えてから、松庵茶会3月例会に寄ってきました。玄々斎好みの「春秋七草茶箱」が茶会のメインの雛の節句に取り入れられ、みやびな雰囲気をただよわせていました。

e0006293_0141540.jpg


e0006293_0154662.jpg


e0006293_0162580.jpg


e0006293_0272474.jpg


e0006293_0281468.jpg


祇園新橋通りには、吉井勇歌碑があり、漱石と交流のあった磯田たかをしのぶ石碑が建っています。桜と柳の木々はまだ冬眠から覚めたばかりの新芽がのぞいているだけ。

ひとり梅ノ木が満開のすがたを情緒ゆたかにみせていました。これから漱石句碑のある御池大橋西詰めに、足を伸ばしてみたかったのですが、よわしんぼの身体ではもうあきません。

カメラもあいにく電池切れとなって、写真はこれだけでお仕舞いです。






by tsubakiwabisuke | 2008-03-11 00:37 | 京都


<< 旧西園寺公別邸 清風荘にて      二月二十八日 大徳寺利休忌 淡... >>