blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 26日

公共の言論機関における誤記 広辞苑の他にも

 最近、権威ある大手出版社で誤記があることが発覚し、マスメディアで取り上げられている。50年もの間、誤記が問題になることもなくまかり通っていた訳である。それを各新聞者が同じ論調で報道しているが、もとはといえば、この誤記に気付いた人物にスポットを当てるべきではなかろうか?

 大手メディアはいずれも後追い記事である。しかも最初に報じた新聞社の名を上げていない。これを客観的に論じているのは、インターネット新聞社JANJANであった。



 「岩波書店は、誤りを【外部から指摘された】(毎日)と説明している。この問題をはじめに報じたのは全国紙ではなく、20日付の『神戸新聞』のようだ。内容も緻密で一読の価値がある。」

参照:
・「広辞苑」誤記見落とし半世紀 芦屋の解説、実は須磨(神戸新聞WEB)

 地方新聞といえども、都市新聞各社が後追い記事を出したのとでは全く値打が違うと思うのである。



 読者は権威ある広辞苑に間違いは無いと思い込んで利用して来たのだと思う。しかし、出版社の校正の仕事としてしてはチェックが甘い。外部からの声があったとしても取り上げることはしなかったのだろう。

 人間のすることである以上、すべて不完全である。ただ、その事実を謙虚に認め、いかに対処するかで展望もひらけてくるだろう。しかし残念ながら現実は、あらゆる誤記が公共の言論の場で訂正されることなく、まかり通っているのである。

 昔から「話半分」といわれているが、それは物事には懐疑的な目も必要だという知恵を教えているのである。自分で体験したことには絶対的な信頼をおいて差し支えないが、他からの伝聞には一応用心したほうがいい、ということなのだろう。



 私がかつて編集した記事のなかに、同一の問題を提起された著名人の方があった。鈴木大拙の厚い信頼を受けておられた北鎌倉、東慶寺の井上禅定師である。かの鈴木大拙でさえ、記憶違いから後世に残る誤記を、訂正の機会も無いままに残されたという内容である。

 夏目漱石が釈宗演老師の原稿の英文に朱を入れたことがあったという一事は事実ではなかったと、検証をもとに明らかにされた。

 しかし、もう後の祭りなのであった。鈴木大拙の言として『夏目漱石と帰源院』( 鎌倉漱石の会発行 )にも取り入れられ、漱石研究家の江藤淳までそれを事実として『漱石とその時代』第一部に執筆した。

さらに、その誤記の部分が世間一般に流布し既成事実となってしまっているのだ。

参照:
・歴史の町-鎌倉と川越円覚寺6

・金子務公式ページ

 禅定師は、「大拙居士の私宛の書簡に、『歴史の「事実」なるものは、、、大率あてにならぬと見ておくべきでせう』とあるのが実際である」と書かれている。まことにそれは真実であると思う。

関連リンク:
鈴木大拙と夏目漱石のこと(井上禅定、拙サイトへの特別寄稿)



拙稿は、インターネット新聞JANJANの連載コラムとして、掲載されています。
http://www.news.janjan.jp/column/0801/0801259532/1.php

もし、応援してやろうという奇特な方があれば、掲載記事の下にある例の箇所をクリックしていただければ嬉しいです。






by tsubakiwabisuke | 2008-01-26 13:26 | 夏目漱石


<< お知らせ      『御仏にいだかれて』 編集委員... >>