2008年 01月 16日

神坂雪佳の光琳風つばき

京友禅はいま難しい時代にさしかかっています。人々の和装離れと価格の高騰が悪循環のようになり、京都の町を歩くきもの姿の人々が少なくなりました。

けれども、神坂雪佳の名は画家・工芸・デザインと明治から昭和にかけて京都の華ともいうべく大きい足跡を残しました。

タカシマヤで昨年の二月、上品(じょうぼん)会の招待展示に寄せて貰いました時、雪佳さんの原画をもとに作られた訪問着はやはりよかったですね。

カメラにおさめた画像がございますので、三枚とも光琳風のつばきと梅が描かれているのがお目に入るでしょう。

e0006293_23105737.jpg


e0006293_22272574.jpg


e0006293_2251439.jpg


神坂雪佳、本名は神坂吉隆(1866~1942)、京都で出生。

2001年には、エルメス社が発行したカタログの表紙を飾り巻頭記事となるなど日本の画家として気を吐いています。京都・琳派の伝統に基づきながらアールヌーボーに通じるモダンな作風、いまや世界で注目をあびている多彩な人物なのです。

画家、図案家としては和装のデザイン、漆器など工芸の意匠。教育者としても京都市立美術工芸学校の教師を勤め人材の育成に寄与しました。

また、光悦会の創立にも関わったと聞けば、茶道美術にも当然造詣が深かったことが理解できるのです。
光琳派といわれている雪佳ならではと思います。



ココログのほうには、サイズの大きい画像をUPしております。






by tsubakiwabisuke | 2008-01-16 23:14 | 京都


<< 『御仏にいだかれて』 編集委員...      京都、大会新で4連覇! 全国女... >>