blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 10月 21日

ND小学校学院祭 クリスマスローズの大判写真が茶会に


e0006293_16471221.jpg
仲良しのシスターCと私服のシスター、ND小学校・シスターベアトリス校長。保護者会長の方々とごいっしょに。2007/10/14

◇本日IT新聞のコラムに拙稿が掲載されています。

小学校の礼法室に飾られた「クリスマスローズ」の大型写真

http://www.news.janjan.jp/column/tsubaki/list.php

http://www.news.janjan.jp/column/0710/0710204259/1.php

10月14日(日)、京都市内の名門私立として知られているノートルダム学院小学校の学院祭に、お招きを受けて行ってまいりました。保護者の方々も子どもたちも作法に則りお茶を飲んでいます。カトリックの小学校が日本の伝統文化をごく自然に取り入れているのが京都ならではといえましょうか。(椿伊津子)2007/10/21



記事の続きは、そちらをご覧いただくこととして、ここでは当日の写真をアップいたしましょう。

最初にタイトルになっている写真は、一昨年東京で開催されたプロ写真家・関健一氏の個展で展示されていた作品です。クリスマスローズがすぐ後に見えますでしょう。

個展の会場で関さんと並んでいるのはわびすけ。この時、何枚かの作品を購入させてもらいました。その中の1枚がこのクリスマスローズだったのです。

カトリックのND学院にふさわしいと考えていたのが実際にこうして礼法室に飾られているのを見ますと、感慨ふかいものがございます。

写真がどうもうまく表示されませんので、ココログのほうを覗いてみてくださいませ。

母性そのものシスターのまなざし。たくさんお土産をくださいました。感謝!

聖像の足元にノートルダム小学校の生徒の制服を着たミニチュア人形が目に飛び込んできました。学校のいたる処に細やかな愛情が感じられて、ここで学ぶ子どもたちは恵まれているなぁ~と実感したのでした。





by tsubakiwabisuke | 2007-10-21 16:56 | 京都


<< 今日明日がヤマ わが猫の寿命      漱石の悪妻説をくつがえす!新し... >>