2005年 08月 23日

土井晩翠の詩 星と花

土井晩翠の詩 星と花


同じ「自然」のおん母の
御手にそだちし姉と妹(いも)、
み空の花を星といひ
わが世の星を花といふ。

かれとこれとに隔たれど
にほひは同じ星と花。
笑みと光を宵々に
かはすもやさし花と星。

されば曙(あけぼの)雲白く
御空の花のしぼむとき、
見よ白露のひとしづく
わが世の星に涙あり。


明治三二年四月、土井林吉の第一詩集『天地有情』は、博文館から出版。
この「星と花」はその中の一篇です。
翌三三年には母校の第二高等学校の教授となりますが、三四年にはロンドンに遊学。
駅では夏目漱石の出迎えを受けています。

ところが二人とも英文学者であり、高等学校教授という身分であったことが、不審な事件に
何かと取り沙汰されることになりました。
不審な事件とは、のちに「ナツメ狂セリ」という怪電報を英国から文部省へ何者かが打電した事件のことです。

それを、岡倉天心の弟の由三郎だとする説があり、これには松岡譲が否定しています。
しかし、なんといっても傷ついたのは、漱石本人だった筈です。
漱石の死後、鏡子夫人が或る雑誌に語ったという話に、晩翠が驚き、事実はこうだと綴っている
エッセイがありました。


『漱石さんのロンドンにおけるエピソード 夏目夫人にまゐらす』 土井晩翠

英文学者であるがゆえに嫌疑をかけられた土井晩翠と岡倉由三郎!
ところが晩翠の語ったことによれば、国文学者の芳賀矢一の名が挙がり、これは漱石を貶めるものではなく、別の観点からされたと思われるように書かれています。

故芳賀矢一先生が独乙留学の期が満ちて帰朝の途中ロンドンに来られました、それで二三の同志が落合つた折、自然話は夏目さんの病気に及びました。其頃ベルリン留学生の或る真面目な方が発狂して下宿屋に放火したといふ一珍談があつたので芳賀先生は『……どうも困つたな、夏目もろくに酒も飲まず、あまり真面目に勉強するから鬱屈して、さうなつたんだらう、もう留学も満期になる頃だが、それを早めて帰朝させたい、帰朝となると多少気がはれるだらう、文部省の当局に話さうか……』――正確には記憶しませんが以上の意味の言葉があつたやうです、(姉崎正治教授がその席にお出ででなかつたか、どうか、何しろ二十五六年前のことなので記憶は朦朧たらざるを得ません)
 あとに述べる通りそれから一ヶ月以内に私は全く英国を去つてしまつたので、くはしい其後の消息はわかりませんが、帰朝の期の早まつたことは良好の結果を来した云々とパリで所謂風の便りに聞いたやうです。多分芳賀先生が文部当局と相談なされての上で無かつたでせうか? 当時文部省には芳賀先生の親友上田萬年博士が専門局長であられたと記憶します、今日の学習院長福原さん、先頃まで大阪高等学校の野田義夫さんも同省に在官であられたでせう。ともかく此件に関しては漱石さんは感謝さるべきであると信じます。


晩翠の結婚媒酌人でもある芳賀氏。漱石といっしょにプロイセン号に乗船して留学した芳賀氏。
真相はいぜんとして闇の中ですが、この晩翠の言葉は傾聴に値するのではないでしょうか。

先に私のアップした「漱石と晩翠など」の記事には、松岡陽子マックレインさんは次のように仰っています。

 お送りいただいたものすべて大変面白く読ませて頂きました。土井晩翠のこともいろいろ習いました。晩翠と言えば、アメリカに来て少ししてから一世のお医者様にお会いしましたが、彼が日本にいる時読んだ晩翠の詩が好きで忘れられないとおっしゃったので、私自身も当時食うや食わずの貧乏学生でしたが、アルバイトから稼いだお金で次のクリスマスに日本から全集を取り寄せて差し上げ大変喜んで頂いた事を思いだしました。その先生は若い頃瀬戸内海の小さい島で育ち、家庭が大変貧乏でお父様とアメリカに出稼ぎにいらしたそうですが、働きながら医学部に行かれ医者として成功され、後年は美術館などに寄付され医業の他にもいろいろ尽くされました。私のことも長年助けて下さり昨年ほとんど百歳で亡くなりました。いつも思うのはどんな職業の方でもそうやって自分の専門の職業の他に文学または美術に興味を持つ方はその視野が広くてよろしいですね。



by tsubakiwabisuke | 2005-08-23 17:00 | 夏目漱石


<< 晩翠の詩 「希望」       晩翠通り 晩翠草堂 土井晩翠 >>