blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 01月 17日

口上:がまの油 病気の猫に聞かせたい

うちの猫はことしで数え年18歳になります。
獣医科の先生のおことばでは、人間の88歳になるとか。
「これだけ長く生きてるんやから病気を持っておってもよしとせな。」

数ヶ月前からドラのお腹が妙にふくれてオスなのに妊娠したメス猫のようでした。
腎臓の持病を持っていましたし、そのほうはなんとか小康状態になったのでほっとしていたのです。でも内心、首に出来ていた前々からの腫瘍がガンになって、もしかしたら転移したのでは??と疑いが沸くのでした。

松の内を過ぎて獣医科に行きましたが、行くまでが大変。ドラを洗濯用ネットに入れた途端、ピューっとオシッコを噴射。はげしく私のダウンジャケットに降り注ぎ…。こうしてともかく獣医さんに診察して頂いたのです。

レントゲンを撮り、透視もした診断の結果、腹部にソフトボールくらいの癌が出来ていたのです。
「手術は出来ないし、今はこのままそっとしてやったほうがいいでしょう。苦しむようになったらそれはその時考えるとして。」

先生は、「動物には、人間は世話になってきましたからな。」といわれ、私は思わず涙がこぼれました。ほんとうにその通りなんです。でもドラは何事もなかったような顔をして家の中でじっとしています。ドラ、ありがとう!


昔から「がまの油」がなんにでもよく効くとか、いわれますね。
せめてその口上だけでも聞いて見たいと思います。すみれさんからお知らせ頂きました。


口上:がまの油

サァーサァーお立会い(たちあい)、御用(ごよう)とお急ぎで無い方はゆっくりと聞いておいで、見ておいで、遠目山越し笠(とおめやまごしかさ)のうち 聞かざる時は物の出方善悪黒白(でかたぜんあくあいろ)がとんと判らない。
山寺の鐘がゴーンゴーンと鳴るといえども、法師(ほうし)きたって 鐘に撞木(しゅもく)をあたえなければ、鐘が鳴るのか、撞木が鳴るのか、とんとその音色(ねいろ)が判らない。

サテ  お立会い 手前ここに取りい出したる陣中膏(じんちゅうこう)は、これ「がまの油」、がまと言ったってそこにもいる・ここにもいると言う物とは物が違う。
  「ハハァーン、がまかい がまなら俺んとこの縁の下や流し下(もと)にゾロゾロいるよ」と言うお方があるかもしれないが、あれはがまとは言わない、ただのヒキガエル・イボガエル。何の薬石効能(やくせきこうのう)はないよお立会い。

サテ お立会い、手前のはこれ「四六(しろく)のがま」四六五六(しろくごろく)はどこで見分ける。前足の指が四本(しほん)で、後ろ足の指が六本(ろっぽん)これを名付けて ヒキ面相(めんそう)は「四六のがま」だ。

サァーテ お立会い、このがま何処に住むかと言うと、ご当地より はるか北、北は常陸の国(ひたちのくに)に筑波の郡(こおり)、古事記、万葉の古(いにしえ)より関東の名山(めいざん)として詠われて(うたわれて)おりまする筑波山の麓(ふもと)、おんばこという露草・薬草を喰らって育ちます。

サテ お立会い、 このがまからこの油を取るには、山中(さんちゅう)深く分け入って捕らえ来ましたるこのがまをば、四面(しめん)鏡張りの箱の中にがまを放り込む。サァー がんま先生、己(おのれ)のみにくい姿が四方の鏡に映るからたまらない。

ハハァー 俺は何とみにくい奴なんだろうと、己のみにくい姿を見て、びっくり仰天、巨体より油汗をばタラーリ・タラリと流す。これを下の金網・鉄板に漉き取りまして、柳の小枝をもって 三七は二十一日の間、トローリトローリと煮たきしめ、赤い辰砂(しんしゃ)にヤシ油、テレメンテーナ、マンテイカ、かかる油をば ぐっと混ぜ合わせてこしらえたのが、お立会い、これ陣中膏はがまの油だ。

サテ お立会い、このがまの油の効能はと言うと、疾、がんがさ、よう梅毒、ひび、あかぎれ、しもやけの妙薬、まだある、前にまいれば陰金田虫(いんきんたむし)、後ろにまいれば脱肛(でじ)、痔核(いぼじ)、痔出血(はしりじ)、鶏冠痔(けいかんじ)の他、切り傷一切まだある。大の男が七転八倒、畳の上を ゴロン・ゴロンと転がって苦しむのがお立会い、これこの虫歯の痛み、だが、手前のこのがまの油をば、ぐっと丸めて歯の空ろ(うつろ)に詰めて、静かに口をむすんでいる時には、熱いよだれが、タラリ・タラリと出ると共に、歯の痛みはピタリと止まる。お立会い。まだまだあるよ。刃物の切れ味をも止める。

サテ お立会い、手前 ここに取りい出したるは、我が家に昔から伝わる家宝・正宗が暇にあかして鍛えたと言う代物である。実によく切れる。エイッ 抜けば玉散る氷の刃。

ここに、ちょうど一枚の紙があるから、切ってお目に掛けよう。一枚の紙が二枚、二枚の紙が四枚、四枚の紙が八枚、八枚が十と六枚、十六枚が三十と二枚、三十二枚が六十四枚、六十四枚が一束(いっそく)と二十八枚。ほれこの通り 細かくよく切れた。ふっと散らせば、比良(ひら)の慕雪(ぼせつ)か嵐山には落花の吹雪とござい お立会い。


サテお立会い、これ程よく切れる天下の名刀でも、一度(ひとたび)このがまの油をば付ける時、たちまち切れ味が止まる。差し裏・差し表に付けまする。サァーどうだ、たたいて切れない、押しても 引いても 切れやーしない。
サテお立会い、お立会いの中に、「お前のそのがまの油というやつは、切れる物を、ただ鈍ら(なまくら)にするだけだろう」と言うお方があるかも知れないが、手前、大道商人はしているが、金看板は天下御免のがまの油売り、そんなインチキはやり申さぬ。このように、きれいに拭き取る時には、元の切れ味になる。 ハイ この通りだ。 さわっただけでも、赤い血が、タラリ・タラリと出る。それでは、二の腕を切ってご覧に入れる。エイッ・・・・・。


サァーテ お立会い、お立会いの中に、それ程効き目あらたかなこのがまの油 いったい一貝いくらだろうと言うお方があるかも知れないが、本日は、はるばる(      )まで出張っての大安売り、男は度胸、女は愛嬌、山で鳴くのはホーホケキョ、清水の舞台から〔筑波山の天辺から〕まっ逆さまに飛び降りたと思って一貝が二百文と言うところ、半額の百文ではどうだ。

サアーどうだ、このようにがまの油の効能が分かったら、遠慮は無用だ。分かったら、どしどし買ってきな、買ってきな。



筑波山がまの油売り口上
http://members.jcom.home.ne.jp/gamaken/index.html
当研究会は「筑波山がまの油売り口上」を後世に伝承していく為に設立され、現在65名の男女会員がいます。職業、年齢、さまざまな人たちが、趣味の活動の一環として「筑波山がまの油売り口上」を日夜 研究し、いろいろなイベントに出演して、その腕を磨いており、出演した先々では好評をはくしています。






by tsubakiwabisuke | 2007-01-17 11:12 | ねこ


<< 敬礼!! 阪神大震災のあの日を...      スナフキン ムーミン村 フィンランド >>