blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 01月 07日

七種粥(ななくさがゆ) を 炊きました

e0006293_15582941.jpg


ななくさ、七種の草を摘んで粥を炊く、お正月の伝統行事の一つです。

わが家でも昨夜は台所でコトコトこれらの草を叩いて、今朝はお粥を炊きました。
本職の料理研究家によれば、お粥の最後に茹でた七種を入れるといわれますが、私は野の香りが好きなので直接ナマの七種を入れます。青臭いという感じはなくて美味しいのです。

歴史をひもとくと、平安時代頃には一月十五日頃に行われ、粥に入れていたのは米・粟・黍(きび)・稗(ひえ)・みの・胡麻・小豆の七種の穀物だったそうです。

現在の七種は、1362年頃に書かれた『河海抄』の「芹、なづな、御行、はくべら、仏座、すずな、すずしろ、これぞ七種」が初見のようにいわれています。

江戸時代頃には武家や庶民にも定着し、幕府では公式行事として、将軍以下全ての武士が七種粥を食べる儀礼を行っていたということですから、日本人としてはやはり食べる必要がありますよね。 (オンライン百科事典「ウィキペディア」)


台所の流しで、洗ったばかりの七種をカメラにおさめました。モノズキヨナ~~なんておっしゃいますな。以下の草がちゃんと入ってますよ。赤い根っこはホトケノザでしょうか?



芹(せり)  芹  セリ科

薺(なずな)  薺(ぺんぺん草)  アブラナ科

御形(ごぎょう)  母子草(ははこぐさ)  キク科

繁縷(はこべら)  繁縷(はこべ)  ナデシコ科

仏の座(ほとけのざ)  小鬼田平子(こおにたびらこ)  キク科

菘(すずな)  蕪(かぶ)  アブラナ科

蘿蔔(すずしろ)  大根(だいこん)  アブラナ科

庭から摘んできたものもあれば、スーパーで買った栽培された「ナナクサ」も入っています。



伝統の味、とっても美味しかったですね。あんさんとこもおあがりやしたか。

それから嬉しいことは、今日から裏千家宗家の初釜が行われています。
初日の今日はご長男の明史さんもお手伝いにお出ましのようですね。

皆さまとともに、ますますのいやさかをお祈り申し上げます!






by tsubakiwabisuke | 2007-01-07 16:23 | ニュース


<< 中宮寺の初春 その一      買い初めでなくっても タカシマヤ >>