blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 12月 12日

12月Sさんののオリジナル茶菓子は ゆきだるま

お仲間のSさんから小包がきました。彼女は京都淡交会のオエラさんです。

この間の宗家稽古日に私は欠席したので、貰えなっかたのです。

いえいえ、ほんとうはそんな積りは毛頭なかったのです。いったい、なんのこと???

じつは、茶筅の空箱を開けると三つお菓子が入っていました。

e0006293_2346959.jpg



e0006293_23463848.jpg



e0006293_231713.jpg



e0006293_23163840.jpg


Sさんが茶会で使ったオリジナルのお菓子なんですよ。

大徳寺の塔頭(たっちゅう)にいろいろ名席があります。いくつかの月釜がかかり裏千家直門の輪番になってる日があります。出席しなかった私のために、Sさんはお菓子をわざわざ送ってくださったのでした。

12月、さてどんなお菓子が出るか秘密だったようで、亭主だけが知っていたのです。

はい。ベレーをかぶり、マフラーを巻いた雪だるま!!!誰も想像した人はいません。
オリジナルの楽しさっていいですねえ。

私もいろいろ器を替えて遊んでみました。

○1番上の絵付けの皿は若い時分の私の手作りです。

○2番目は信楽の食器です。

○3番目は先だって中宮寺様のお伴をしてMOA美術館の茶会に行った際の記念品。

○4番目は茶托に乗った雪だるま坊やです。

もちろんお茶もいただきました。ごちそうさまでした。






by tsubakiwabisuke | 2006-12-12 23:28 | 茶の道


<< 取り合わせの妙      精神年齢を鑑定してもらいました >>