2006年 12月 06日

漱石忌 北鎌倉へまいりました

12・6UPスライドショー2006年 漱石忌 鎌倉漱石の会

e0006293_20441935.jpg


e0006293_2041163.jpg


円覚寺の広大な境内に、1本の銀杏の木が孤高の美しさを見せていました。

ことしの漱石忌、本来なら12月9日なのですが、会員が出席しやすいように、第1日曜日と決められているのです。

全国各地から、九州のかたや、信州長野から毎年おみえになる常連さん。私も京都からこの漱石会を楽しみに参加しています。

講演もそれぞれ充実していました。

この講師は朝日新聞社の記者のお方。『新聞記者 夏目漱石』の著書をお出しになっています。
e0006293_21101360.jpg


私も以前書かせていただいた拙稿がございますが、お話を伺いながら自分の未熟さを感じたことでした。とても勉強になりました。じつはこの新書をまだ見ていなかったのです。

でも、漱石に関する資料は共通したものがありました。

JanJan 古都つれづれ 1/30 新聞記者になった夏目漱石の「京都」






by tsubakiwabisuke | 2006-12-06 20:52 | 夏目漱石


<< 中国のむごい売春婦処罰 日本の...      三冬枯木の花、九夏寒巌の雪 >>