blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 11月 29日

隣家のやね ドラのひなたぼっこ

e0006293_0291466.jpg


腎臓の持病もちの、わが家のねこの話です。

この夏のはじめ、17才のドラが一時は尿毒症といわれ、しばらく脱水症状でした。

いい獣医の先生がドラの主治医でしたから、おかげで3.4回の通院で元気を取り戻しました。

ドラは気ままに、好きなものだけちょっと食べ、思うままに行動しています。それが元気の秘訣みたいですね。

わが家には2階に物干し場があります。そこからお隣の物置の黒いトタン板の屋根がみえます。

ドラはここでひなたぼっこをしていました。私が物干し場からカメラを向けると、それまで寝ていた

ドラがこちらをむいていろんなポーズをとってくれました。

e0006293_21574712.jpg


望遠レンズですからよく撮れておりませんが。


動物は自分を上手に管理できるようで、私にできるのは自由にさせてあげる位です。

食べ物は、主人がとっかえひっかえ上げています。食べ残してもいいのです。

少しでも食べていれば…。でも、今日は主人のことばに噴出してしまいました。


「高齢者用のカンズメ買って来たつもりだったが、うっかりだったな。赤ちゃん用だった。」


ドラは病気ともうまくつきあって、元気でいてくれています。






by tsubakiwabisuke | 2006-11-29 00:28 | ねこ


<< 「婆子焼庵(ばししょうあん)」...      日本をねたましく思う国? それ... >>