blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 10月 08日

真っ黒くろ のネコ 中宮寺のダック

昨夜、ようやくアップしたのがこちらです。

e0006293_13495021.jpg


中宮寺門跡 日野西光尊 写真と文  ダックちゃん 第二編 2006年

今回は最初、ご門跡から送られてきた原稿はトラブってなぜか表示されませんでした。

それで2度目は添付メールでなく、ワードで書かれた原稿が送られたきました。

この画像を一つ一つ保存し、画像処理をしたうえで作成しました。

小さいサイズの画像は、元のままですが、これだけでは画面上、華がありません。

なぜって、真っ黒くろのネコちゃんなんんですから(*^_^*)

尤も、夏目漱石の家にいて有名になったネコも、真っ黒のネコで足の裏まで真っ黒だったのです。はじめには奥さんが飼うかどうか迷っていたところへ、「こういうネコは福ネコですよ。」という声があって、それならばと飼われるようになったそうです。

鏡子夫人の『漱石の思い出』にあるエピソードです。過去ログになりますが、私も『黒猫の因縁」というエッセイを書いています。


そこで、このブログに掲載いていました今年1月の作品をあらためて追加してまとめてみたのです。

ダックという名は、生まれたまるでアヒルのような感じだったので、そう名付けられたようです。

タマちゃんの孫になるネコなんです。

タマちゃんのことは拙サイトの一番上に掲載していますから、既にご覧になった方も多いのではないでしょうか?

日本の皇室にゆかりある由緒正しい寺院で、飼い主である尼門跡とネコとのかかわり、人にまかせるという飼い主ではなく、こうして生活の中にパートナーとして同居されていることが見所と思います。

ご本人が写真を撮られパソコンを使用して文を書かれるという正真正銘のレポートなのです。

一部、私がご相談の上で書き足したところもございますが。

現代の尼僧さんの実像という面もございますから、どうぞゆっくりと味わってご覧くださいませ。




 中宮寺・尼門跡と茶会と猫








by tsubakiwabisuke | 2006-10-08 13:42 | ねこ


<< 体育の日が過ぎ スケート連盟の...      IT新聞今日の掲載記事 紫式部... >>