2006年 09月 24日

一客一亭 四畳半逆勝手 濃茶平点前 

今日は最初に9月24日付けのIT新聞 掲載記事のお知らせから。

JanJan tsubaki コラム 秋彼岸には 手作りの萩の餅


この一枚はストロボをたいて撮ったもの、きのうのは自然光で撮った写真でした。


きのう、このブログに書いたおはぎとは又違った記事に仕立てたと、自分では思っていますがいかがでしょうか?

じつは、朝からご宗家でお稽古の時間を過ごさせていただいておりました。稽古が終わってから
昼食は大阪のむらじ大先輩とごいっしょにイタリアレストランへ。

一人1.500円のスパゲッテイ・ランチは美味しかったです。いつもおごってくださるのですが今日は割りカンにしました。



さて、タイトルの点前を今日は私はお稽古して大変得るものがありました。
なんといっても86歳になられる寺西業躰先生のご指導がいいのです。

先ほど詳しく点前の内容を書いていたところ、あっという間に消えてしまったのです。
ひょっとしたら、やめといたほうがいいぞよ、という天の声だったかもしれませんねぇ。




mohyoさんの投稿から

多重債務者問題研究会


金融庁 金融サービス利用者相談窓口








by tsubakiwabisuke | 2006-09-24 14:32 | 茶の道


<< 亭主相伴 一客一亭 覚え書き      お彼岸の中日です >>