blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 07月 30日

京都は古美術の本場 値段をきいて仰天!

なんといっても、古美術の本場は京都なんです。

e0006293_18405315.jpg


e0006293_18421086.jpg


東京は広い。お金持ちがわんさといてはります。と聞きますけど、私が知ってるわけではありません。でも、お茶道具なんかですと、「あ、東京ですか、わかりませんな。」といわはります。

京都の店には、そらいいものがあります。
ただ、高価なものはやはり東京のお人が買わはるっていうことです。

京都では商売するのはむつかしいとこぼす声。他府県の方がおっしゃいますけど、どうなんでしょうね。京都人が商売がへたなのか?
そういえば、地元の大きいホテルはいくつか東京資本に変わったみたいです。

今日ご紹介するのは現代ものですが、上の水滴、書道をなさる方ならよくお解かりでしょうね。
この水滴は、ちょっとやそっとで買うことできしません。お値段ですか?はい、聞いてまいりました。

120万円のねこちゃんです。作った陶芸家が立派な方なんですよ。
備前焼でも金重陶陽といえば特別なのですね。

今日、スライドショーをUPいたしました。

7・30UPスライドショー 京都は古美術の本場 古門前 と 新門前

最初に登場するのは、長沢芦雪 (ながさわろせつ)のねずみです。
次から小さくても強そうな猫が出てまいります。

獅子と狛犬も、いえいえ、人間の子どもは将棋をして、頭の体操をしておりますよ。

どの子にも、ひろくご声援をお願いいたしますです(笑)。

それでは、どうぞごゆっくり、京都の骨董の町をお楽しみくださいませ。

e0006293_2005542.jpg



e0006293_1910198.jpg




 


by tsubakiwabisuke | 2006-07-30 18:54 | 京都


<< 八朔(はっさく) 夏目房之介さ...      野良(ねこ)たちと同じに クー... >>