blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 07月 25日

雨の 裏千家・今日庵 宗家


24日のお昼前、志倶会の稽古を終えて、兜門(かぶともん)を出ました。

雨は小止みになっていて、ふりかえると兜門の屋根が濡れて、いつもと違う風情を
ただよわせておりました。

e0006293_22575725.jpg


またまた、画像が表示されません。小さいサイズだけなんとかアップできそうですが。

せっかくの画像をお見せできなくて残念です。

杮(こけら)葺きの屋根は雨にしっとりと濡れ、竹の樋には水滴が並んで光っていました。


では、祝日の兜門の画像を、一枚入れておきましょう。

e0006293_2323823.jpg


提灯には裏千家の紋様がえがかれています。

独楽の渦の向きようで、三千家がそれぞれわかるようになっているのです。

この写真はたしか、五月、端午の節句の前あたりの日だったように記憶しています。



話は前に戻りますが、24日のお稽古では、茶箱がございました。

月点前、和敬点て、茶籠、とそれぞれ続きまして、その後、茶箱の花月。

これは卯の花でいたしましたが、86歳になられる業躰さんのお話がまことにいいのです。

奈良・薬師寺で、お父さまの時代から指導されていた二世代の業躰さん。

その寺西先生のお父上は、ご宗家から「的伝」を授与された大功労者なのです。

薬師寺の橋本凝胤管長は、茶箱の和敬点てを考案されたことになっています。

もとの名は「陣中点て」といったんだそうです。戦時中のことですから、兵士たちが戦いの合間

に茶を点てて安らぐ、という趣旨で作られたもの。その茶碗も赤膚焼きで黒地に富士の絵。

もう一碗は淡い色調のもので重ね茶碗として入っています。その時の話が振るっています。

薬師寺からの茶箱と点前が写真入で、PR用パンフレットになったのはよかったが、ぼんさん

がモデルになったものだからこれはマズイということになった。陣中だての行く先はおまかせ、

という風に見えるしな。坊主が写真になっとるんだから。それで取りやめじゃ。けっきょく反故に

なったが、今あの紙が残っとればおもしろいな。


かくして陣中点前は、戦後になって和敬点てという名称になりましたと。






by tsubakiwabisuke | 2006-07-25 23:26 | 茶の道


<< 葉唐辛子のつくだ煮      若さは ねこの特権 >>