blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 02月 24日

トリノ・オリンピック 氷上の舞





トリノ・オリンピック 女子シングル・フィギュアスケート

e0006293_22385578.jpg



 早朝からテレビに釘づけでした。日本中の期待を集めた女子シングル・フィギアスケート。

 いやぁ~~。立派でしたねえ。荒川静香選手。思わず歓声をあげて拍手してしまいました。8年も前から今日の日のために研鑽を積んできた、それもいったんは引退を考えていたといいますから、その強靭な精神力には脱帽です。

 「氷上の舞」というべきこの競技に、心惹かれない人がいるとはとても思えません。

 優雅なバレリーナに逢いに行くような気持で、私はテレビのスイッチを押しました。
 荒川さんだけでなく、他国の選手たちも失敗をしても諦めることなく、最後まで真剣に取り組んだスポーツマンシップの姿を見せてくれました。こうした感動があるからこそ、オリンピックは輝いているのだと実感しました。

 金メダルを取られた方の努力には心から敬服します。と同時に、メダルには届かなかったものの、力一杯競技をした選手たちにも、おなじく感謝の念をささげたいと思います。

 個人的には、村主章枝選手。情感に満ちた哀しいまでにうつくしい演技でした。審査員の採点が低かったのは残念でしたけれど。





by tsubakiwabisuke | 2006-02-24 22:55 | ニュース


<< 環境って どんなこと?      京都議定書一周年ベルリンから来... >>