blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 10月 26日

『和の学校』の ドングリたち


裏千家宗家の近くにあります、『和の学校』。 ネット上で有名な学校ですね。
その編集部に、私はお稽古が終わってからひとりで遊びに行きました。

その時にね、窓際にかれらが並んで、こっちを見ていたのです。
そう、ドングリ坊やたち…。あ、トトロもいたんですよ!


e0006293_22164950.jpg


e0006293_22191947.jpg


それから落ち葉を貼ったお手作りのステキな短冊も柱にかかっていました♪♪

e0006293_2220780.jpg


編集長の吉田りえこさんとおしゃべりしたあと、さよならして小川通りを歩きますと、
名残りの朝顔が高いビルの彼方にほほえんでいました。
曇り空で写真は暗く写ってまして残念。

e0006293_22204539.jpg


e0006293_22213041.jpg



最後に、この日の朝お稽古にに入る時の、裏千家宗家のお写真を。
当代家元の弟君・伊住さん。ご存知でいらっしゃいましょうか。
今は亡き伊住宗匠がこの和の学校を創立されたのでした。
笑顔のうつくしい心あたたかい校長先生でした。

e0006293_22213959.jpg



ドングリたちはなんとまあ、幸せそうな窓際族になって♪♪

と書いてましたらあらら、談話室へりえこさんがこんな書き込みをして下さってましたよ。


>わびすけ様、先日は和の学校の事務所へお越しいただき、
ありがとうございました。
いつも、わびすけ様には励ましていただき、元気をいただいております。
本当にありがとうございます。

その折に窓辺にあったどんぐり達を撮影していただき、
光栄にもこちらの表紙に掲載していただいたとは!
本当にありがとうございます!

あのどんぐり達は、子供達に遊びながら日本の文化とこころを伝えるという
「和の学校」の活動の一環として、わびすけ様に来ていただいた翌日、
京都市内の学校で活用したんです。
今回は「季節を飾ろう、季節で遊ぼう!」というテーマで活動しました。

養護学校が会場でしたので、障害のある子もない子も一緒になって、
どんぐりで人形を作ったり、こまを作ったり、細長い紙に貼って短冊の代わりにしたり…
存分に季節を感じて貰うことができたと思います。
(もしかしたら親の方が夢中になっていたかも?)

どんぐりを集めてくるのは大変でしたが、
これも楽しい作業でした。たくさんの方の協力でみごとに集まりました。

残ったどんぐり達も、今度は別の学校で、草木染めに使う予定になっています。

(今、事務所はどんぐりに住んでいるイモムシくんがはいまわっています)

ということで、ちょっと、どんぐり達のご説明にあがりました。

ではまた、お邪魔させていただきます。<




by tsubakiwabisuke | 2005-10-26 23:00 | 茶の道


<< 志村ふくみの着物 山下清の貼り絵      9月30日 徳川美術館創立70... >>