blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 09月 30日

タイガース優勝

大阪のタイガース球団のファンは、だいぶんと変わった人たちだと聞いてますけれども、
えらいなあ~と内心思うところがあります。


e0006293_1594130.jpg
長年最下位に甘んじていたダメトラ、猫になったとかさんざん笑われ、負け試合を重ねてきても、心変わりをせず、ひたすら応援してきた人たちなんですね。

野球ファンというわけでもないスポーツオンチの私ですけれど、なんかこう幼子の純真さにも似たものを感じることがあるのです。弱いからって他の強い球団に乗り換えたりしなかった、そうした人たちでしょう?

それだけの魅力があるタイガースってなんなのか、強烈な個性があるとしたら、先ずアンチ巨人。
巨人って、都会的でリッチでスマート。そんなタイプのイメージがありますよね?毛並みよさみたいな。

それに対して、野武士的で表面はぶっきらぼうだけれど、一本ど根性をもっている男の集団っていうか、そんな感じがあるのかな。ところがいくら応援しても負け続けるひいき先だったのでしょ。
それをぐっと歯をくいしばって、選手たちを信じ続けてきたタイガースファン!

誰もが知っているのは、そうした勝てる球団を作った星野前監督。フロントに言うべきことを言い、球団の考え方を変えさせた実力者でしたね。じっさいに働いたのは選手たちですが、今回の巨人サイドからの1年契約10億の誘いにも乗らなかったことにも、ジーンと来ました。

また、今の岡田監督も若々しくていい感じですね。
「最高の選手たちに恵まれました。」なんて優勝のコメントはよかった。

やっぱりこれはタイガースの個性というべきでしょう。あんまりお金持ちではないホームグラウンドのようですが、ここのファンの人たちは人間として尊い人々ではないだろうか、と思うわけです。

もちろん、巨人は不滅です、の名言と長島監督。あの巨人ファンも見事でしたが、万年下位球団とは環境がまったく違うのです。今ふっと思い出しましたが、鈍・根・運という格言はいいですねえ。

サッカーなどはサポーターと称する人たちが、世界中で熱狂を通り越して、もう戦争に近い騒ぎを起こしてるようですし、サポートなんて名が泣くというものです。

タイガース優勝、おめどうございます!!!




by tsubakiwabisuke | 2005-09-30 01:42 | ニュース


<< 丸善の閉店 レモン 梶井基次郎...      小泉八雲忌の今日 >>