blog 漱石サロン ランデエヴウ

rendezvou.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 09月 26日

小泉八雲忌の今日

ラフカディオ・ハーン(Lafcadio Hearn)。ドイツ風にはヘルン。

今日、9月26日は小泉八雲忌の日です。
ヘルンが愛してやまなかった節子夫人の著書『思い出の記』を開いてみましょうか。日本女性の鑑ともいうべき小泉節子。ヘルンはこの貞淑な女性によって文学者としても生かされたのでした。


ヘルンは虫の音を聞く事が好きだったと、節子夫人は書いています。

>この秋、松虫を飼っていました。九月の末の事ですから、松虫が夕方近く切れ切れに、少し声を枯らして鳴いていますのが、いつになく物哀れに感じさせました。私は『あの音を何と聞きますか』と、ヘルンに尋ねますと『あの小さい虫、よき音して、鳴いてくれました。私なんぼ喜びました。しかし、段々寒くなって来ました。知っていますか、知っていませんか、直に死なねばならぬと云う事を。気の毒ですね、可哀相な虫』と淋しそうに申しまして『この頃の温い日に、草むらの中にそっと放してやりましょう』と私共は約束致しました。<

拙サイトの『小泉八雲と夏目漱石』 は、2003年に作成しアップしたものです。ヘルンのお孫さんである小泉時氏から頂戴したお手紙などもご披露させていただきました。少しでもお人柄を感じていただければと。
http://tubakiwabisuke.cool.ne.jp/koizumiyabumoto.html


引き続き、小泉節子夫人の『思い出の記』より

>うわべの一寸美しいものは大嫌い。流行にも無頓着。当世風は大嫌い。表面の親切らしいのが大嫌いでした。<

彼の目は片方が見えなかったようですが、当時目に入れ墨をしてはどうかという勧めを頑として聞き入れなかったのも、こうした気性ゆえなのですね。それに仏教の坊さんに好意をもって、キリスト教には厳しい見方をしたというのも、白人にしては珍しい方でした。

>耶蘇の坊さんには不正直なにせ者が多いと云うので嫌いました。
しかし聖書は三部も持っていまして、長男にこれはよく読まねばならぬ本だとよく申しました。<


彼が生きていたら、今のイラク戦争を見、なんと言って嘆くことでしょうか!
白人によるキリスト教支配、一神論に基ずく優越理論…。日本人がアラブに寄与できるものがあるとしたら、それは、小泉八雲のこころを生かすことではないでしょうか?

しかし、富国強兵を至上命令とした近代日本は、彼を疎外する方向に行ったのでした。そして今、この国は何に向かって走ろうとしているのかと、とまどいながら思う毎日です。

ヘルンの墓はつつましく、漱石の墓とは違っているとよく批評されますが、私はお参りしたことがございませんのでなんとも申し上げられません。

>平常から淋しい寺を好みました。垣の破れた草の生いしげった本堂の小さい寺があったら、それこそへルンの理想でございましたろうが、そんなところも急には見つかりません。
墓も小さくして外から見えぬようにしてくれと、平常申して居りましたが、遂に瘤寺で葬式をして雑司谷の墓地に葬る事になりました。<


最後まで、漱石と共通した文豪・ヘルン…。
私はこれから香炉に伽羅の香を焚き、ささやかなご供養をさせていただきましょう。




by tsubakiwabisuke | 2005-09-26 14:39 | 夏目漱石


<< タイガース優勝      土井八枝、与謝野晶子、夏目鏡子... >>